DDON Ver1.2でのハンター弱体化は極まっているが、逆にスロー、睡眠、気絶を扱うスナイパーとして覚醒。評価が分かれる巷の判断は如何に?

Ver1.2のアップデートにて一番大きく変わった点。それは何かと言われればやはりボス敵や敵が強くなった点に尽きる。

実際に大きなアップデートは半年近くないという中でのスタートなので、敵やボスはかなり高めの強さに設定されており、中には状態異常無効の敵や、スタミナゲージがない敵まで存在する。そんな中、さらに戦闘が厳しくなっている要因の一つが、絶対的な最強職だったハンターの弱体化だ。色々な意見が出ているが、ハンターは確実に弱体化している。もはや他職を火力で凌駕する力はなく、普通に可もなく不可もなく…という平均的なジョブになった。これにより最強だからハンターを使うというプレイヤーは軒並み他職に移る感じになっている。

その最大の原因が連なり撃ちの弱体化。この連なり撃ち。5発発射のスキルで連発可能だったため、AIM(照準合わせ)に多少不安があっても弱点部位に当てることができていたし(要はマシンガン)、当たらなくても少しづつ照準をズラせばいいだけだったのでAIMの修正も容易だった。しかしながら現在の仕様では連なり撃ちのダメージはかなり落ちており、主力の火力としては最低?とは言わないまでも、下位のダメージしか与えられないスキルとなっている。

もちろんその分利便性は高いし、AIMも容易という個性があるわけだ。だが、ハンターは火力!というイメージを維持したければこの連なり撃ちは剛力射ち(1発入魂スナイパー)に変える必要が出てくる。しかし一発入魂のこのスキルはAIMが外れてしまうとまったく意味が無いので、AIMが上手くないと強さを引き出すことができない。これにより「ハンター弱くなりすぎ引退するわ!」という現象が起こっていると思われる。

この代替スキルとして扇撃ちがあるのだが、放射線上に弓が発射されるという性質上、立ち回りで使うのは少々心もとない。そして最大にキツイのが気絶効力がほとんどない事。

これによってハンターは今までのように

連なりで攻撃しつつ燃やしてボスが怒りと同時に気絶 → できなくなった(気絶値がほぼない)
コアを連なりで削ってスタミナを削る → できるが火力は出ない
紅蓮を装着してウハウハ → 連なり、扇等の多段スキルに紅蓮はダメージが乗らないように調整しゴミ化

そういう事で、Ver1.1と同じ感覚でハンターを使うと、まったく気持ちがよくない職になっている。まとめるとハンターは弱体化弓を使って「睡眠」「スロー」を入れながら、「降らし爆炎矢」で気絶を狙い、敵をダウンさせたら剛力か扇撃ちで仕留める。という職になった。連なり、扇でも状態異常矢での状態異常は狙えるが、矢1本につき30G~50Gかかるのでコストパフォーマンスが悪すぎる。貫きは1回辺り1本で済むのでその有用性は明らか。

まあ元々遠距離で安全に攻撃できるという特性を持っていたこともあって、普通の職になった…という事なだけで、実際はこれが正常の状態とも言えるし、逆に最強ではなくなった事で、かなりやりごたえのある職になった。

ddo754

・降らし射ち
雑魚狩り、大群、雑魚狩りには相変わらず便利。
・扇射ち or 連なり
激しく動きまわる敵を捕らえる時に使いやすい
・貫き射ち
ダウン取り、状態異常矢、スタミナ削り大
・渦巻き射ち
状態異常、スタミナ削り大
・紅蓮爆矢
気絶効果大幅低下 、ダウン効力大幅低下
・降らし爆炎矢
気絶効果高、6発程度で気絶させられる

・ダウン火力
剛力射ち、扇

さすがに以前の紅蓮連なりのようには行かないが、降らし爆炎矢は6~7発で敵を気絶させられるので、非常に便利。ソロやファイター、ウォリアーなどがいないPTの場合は安全揺さぶりが可能で重宝する。貫き射ちは4本足の動物系の胴体が長い敵には複数ヒットするので、4~5発も撃てば敵は状態異常になる(状態異常矢及びアビリティ(侵矢)を使った場合)。またダウン効力が高く、敵をダウンさせるにも最適。但し人間系には複数ヒットが難しいので、その場合の状態異常をかける場合は渦巻き射ちの方が有用。この辺はお好み。

扇射ちは剛力と比べてもダウン時の火力(DPS)は紅蓮ありない関わらず最高ダメージ。しかしながら立ち回りでの使用感は剛力の方が上であり、それほどダメージも変わるわけではないのでここはお好み。剛力の場合はAIM力がかなり必要なので、照準を合わせるのが苦手な覚者の使用には向かない。利点は1発づつの発射なので紅蓮を巻き直す手間がないという点と吹き飛ばし力が高いという点。

扇射ち、剛力のダメージ比較

剛力と扇ダメージ
火クレ1蛮力3のスターディボウ☆4攻炎6ありで53ダムドゴーレムに対して
剛力1溜め+紅蓮 3567+733=4300
扇+(紅蓮)  (384+66)*5=2250
聖クレ1スト蛮力3攻炎攻聖6だと
剛力1溜め+紅蓮 7134+733=7867
扇+(紅蓮) (768+66)*5=4170

剛力は2段階のタメがあるが、1段階溜めでの検証。剛力1貯める間に扇は2回撃てるので、扇の方が威力は高い。しかし扇の矢が5本中1本でも他部位に外れてしまうとその優位性は微妙になる。

ハンタースレより引用

ちなみにリンドなどの敵に対しては「貫き射ち」も相当強い。画像はリンドブルムのダウン時に貫き射ちをした場合のものだが、剛力には及ばないものの、結構なダメージが入っている。ここに状態異常矢があればすぐにスローや睡眠をビンゴの状態まで持っていける。

ddo001

今回の花型スキルに成り得るであろう剛力の1溜めの威力。紅蓮の威力が結構乗るので、ダメージは相当高くなる。(それでもダウン時は扇射ちの方がダメージは少し上)

ddo002

結論を言うと照準をしっかりと合わせる必要と、ある程度ボスの動きを先読みして矢を放たなければならないというテクニカルな職になったハンター。

以前のように延焼クレストをつけて連なり…なんていう常識はまったくの0になったので、現在は聖属性クレストをつけて貫き射ちで敵のコアを狙う覚者も多い(弱点コアと属性を合わせて攻撃するとかなりスタミナを削れる)。さらには主力スキルが軒並み変更になる事でJPが追いつかず泣く泣くハンターを退職するプレイヤーも多いと聞く。

またVer1.2になり、これまで仕様としていたアビリティも修正されるという逆風。例えばスタミナを回復するアビリティがあって、それを付けていればガラエキスの効果が2倍くらいになっていたのだが、普通に修正されている。

 

皆が色々言いたくなる気持ちはわかる。さすがに今まで仕様としていた事をすべて「バグでしたすいません」で修正するのは如何なものか。Verがあがった事でここまでスタイルを変えさせられる職も珍しいというか… FPSのマシンガン愛用者が無理矢理スナイパーに転向させられたかのような衝撃である。

だが、ある意味では誰もが同じ動き、スキル、アビリティではなく、個性が出るチャンスを貰ったとも言えるハンター。

 

弱体化したのは確実だし、使い勝手もかなり変わる。

何人の覚者がハンターで生き残れるのか… 果たして。

 

 

 

スポンサードリンク

2 thoughts on “DDON Ver1.2でのハンター弱体化は極まっているが、逆にスロー、睡眠、気絶を扱うスナイパーとして覚醒。評価が分かれる巷の判断は如何に?

  1. 方向音痴に呪われし男 says:

    DDDAから入って最近DDONを始めた者としては普通。
    前が変な仕様だっただけだろう?
    エレメントアーチャーへの過程職としては充分。
    DDDAと同じ仕様になってる。
    ソロ+メインポーン&サポートポーン2体なら善し。

  2. 匿名 says:

    去年末から殆どプレイしてないけど大分まぞくなったね
    フレも20人以上引退したし
    最前線で討伐素材マラソンするほど時間取れないと
    ついていけなくなる(マルチしないで通常装備でもありだが
    以前が必死仕様過ぎただけでまったり数ヶ月に一度プレイが気楽でいいね
    ドグマの世界観は好きだから続編までの繋ぎか

Comments are closed.